« 新生活 | トップページ | 34年目の確信 »

島暮らし


4月上旬に「生パスタdining 小麦屋」をオープンした。それほど繁盛しないんじゃないかという予想だったけども、反して結構繁盛している。一人でやるつもりだったけど、とても一人でできるものではなく、ランチに一人雇った。夜は今のところ一人でやっているけど、どんどん忙しくなってきてちょっときつくなってきている。予想外だ。
田舎だから、情報の広がり方が半端ではなく、もうかなり広範囲に広まっているみたいだ。今日も隣町のアンティークビーズのショップに行ったときに、たぶん観光客と間違われて「どこからですか?」と聞かれたときに、「中種子町でお店やってまして…」と行ったとたん「あ!もしかしてパスタ屋さん?」といわれて驚いた。話をしてみると、よく来るお客さんの知り合いだった。どうやら相当話題になっているみたいで、まわりはみんな俺の事を知っているみたいな感じになっている。ちなみにこの時に買ったのは17世紀のベネツィアで、通貨として使われていたというガラスの玉をビーズに加工したもので、それをアンクレットにしてもらった。


1366649455094.jpg

1366649457233.jpg
この店のおじさんも移住者で、もう20年になるとか。しかも来た当初は俺が今やっている店のとなりのテナントで働いていたらしく、話が弾んだ。
そういえば、この前友達になった人も、俺が店をやる前に住んでいたところに俺が出たあとに入った人で、知らずに食べにきて、話すうちにそれが明らかになり、しかも同郷だったということで意気投合し、すっかり話込んでしまった。
狭い世界なので、そんな事はよくある事で、ネガティブに捉える事もできるが、そんなに悪い事でもないと思う。種子島にはかなりの数の移住者がいる。といっても比率でいえば、東京や大阪の方がたぶん多い。でも島の中では移住者はどうしても目立ってしまうので、多いと感じてしまうのだろう。そうなると、移住者同士のコミュニケーションが密になりやすく、当然それぞれがいろんな過程を経て、いろんな事情、いろんな思いを抱えて島にきている訳で、とにかく人との出会いが面白い。お店をやっているとアイデンティティが際立つので、その辺はやりやすい。なんか…島暮らしがほんとに楽しくなってきた。
そういえば来週からギター教室に通う事になった。またこのギター教室が面白くて、ちょっと長くなりそうなのでまた今度にしようと思う。

|

« 新生活 | トップページ | 34年目の確信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島暮らし:

« 新生活 | トップページ | 34年目の確信 »