« 旅日記 | トップページ | 旅日記 final »

旅日記Vol2

沖縄上陸後、近くに美ら海水族館があったので行ってみることにした。
海洋博公園の駐輪スペースに着いたとき、ちょうど東京からきてるらしい人がいて、(自転車に東京〜沖縄に自転車で旅してきました的なことが書いたダンボールを貼り付けていた) 人懐っこい笑顔であいさつしてきたのだけど、俺は「あっ、ども」と言って、早速人見知りっぷりを発揮してサッサといってしまった。
水族館へ向かって歩きながら、さっきの東京の人とどう会話したらよかったか、頭の中でシミュレーションしていたら、激しく後悔してきたので、駐輪場に戻ってみたら当然ながらその人はいなかった。「こうしてまた俺は自分が嫌いになっていくんだよな…」と、つい声に出してしまい、沖縄の暖かい風も、その時ばかりは冷たく感じる。そのままチャリにまたがり走り出した。まあ、水族館には正直あまり興味がなかったのでそれでよかった。その日はもう時間が遅かったので適当なところにテントを張った。

次の日は早朝から走りだした。別に早起きした訳でなく、風が強かったり、まわりの草がテントを叩く音がうるさかったりして眠れなかったのだ。怖かったとか、そういうのは全くない。本当に。全然余裕だった。
その日の目的地は辺野古。時間的には余裕があったので遠回りした。当然ながら見る景色は全て初めて見る景色。それだけで楽しくて、ペダルを漕ぐ足も軽い。天気も良くて気持ちいい。前日の失態はすっかり忘れて、自然の中のサイクリングを楽しんだ。
遠回りしてもわりと早い時間に辺野古に着いた。辺野古の名前はほとんどの人が知っているだろう。知名度は全国区の街。でも、街の中ではほとんど人の姿を見なかった。開いてる店もなくて、ゴーストタウンといっても言い過ぎではないくらい廃れた街だった。
知事選が近いからか、砂浜にも人はいなかった。その日はそこでキャンプする。ちょっと寒かったし、焚き木もいっぱいあったので、久しぶりに焚き火をした。
焚き火の火はいつまででも飽きずに見ていられる。そして月がとても綺麗だった。それらを肴に泡盛を飲む。最高の夜だ。そのまま波の音をBGM に眠りについた。



次の日は平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島を繋ぐ橋、海中道路を走った。海の上を走るのは気持ちよかったけど、島自体にはあまり見どころはなかった。あったといえば伊計島のぬちまーす工場くらいか…。

次の日さらに南下して中城村に向かう。
そこには十数年ぶりに会う友達が住んでいる。彼には四国で少しサーフィンを教わった事もある。ファミマで待ち合わせして、居酒屋へ移動。近況報告から昔話へ、そして基地問題や知事選の話、沖縄の歴史など、いろいろ話ができて楽しかった。概ね価値観が一致していたので、会話が弾む。時間がたつのがホントに早かった。その友達はいろんなイベントを主催していて、モンパチやハイスタなど沖縄のミュージシャンともつながっているので、いつか種子島に連れてきてくれるんじゃないかと密かに期待している。

次の日は嘉手納町へ。道の駅カデナの展望所から米軍の飛行機を見学した。やはり俺も健全な男子ではあるので、戦闘機なんかはかっこいいなと思ってしまう。でも何より俺の心をとらえたのは、それらを目当てに来ていたカメラおじさんたちだった。飛行機が飛ぶ度に、その姿を捉えようと、カメラ本体の8倍くらいありそうな、バズーカ砲みたいなレンズを飛行機に向ける、見た目はオッサン中身は子供の男達。飛行機の写真は一枚も撮らなかったけど、オッサンの写真は思わず何枚か撮ってしまった。そのオッサンの姿をとらえた写真、俺にはどう見ても美しい。




そのあとは一路那覇市へ。
S太とMに会いに行った。この二人は短い間だったけど、小麦屋でバイトしてもらっていた時期もある。その時S太はS子だった。一応同性カップルだったので、「女のS子に彼女がいるというのに、俺ときたら…」なんて事を思ったものだった。
沖縄に移住してからは、特に連絡もとっていなくて、たまにタイムラインで様子が伺える程度だったので、二人でちゃんとうまくやれているのか気になっていたのだけど、変わらず仲も良さそうでほっとした。
S太はもうすぐ戸籍上でも男になり、そしたら結婚もできる。そう嬉しそうに語っているのを見て、俺も無性に嬉しくなった。その日はS太とMの家に泊めてもらい、次の日は残波岬へ向けて走り出す。

さあ、次はいよいよ残波JAMだ。







|

« 旅日記 | トップページ | 旅日記 final »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅日記Vol2:

« 旅日記 | トップページ | 旅日記 final »